こんにちはゲスト様。マイページへログインしてください。

マイページ
  1. トップ
  2. 測定器レンタルトップ
  3. コンクリート構造物診断機
  4. 鉄筋腐食診断器
  5. 携帯型鉄筋腐食診断器 CM-V(四国総合研究所)

携帯型鉄筋腐食診断器 CM-V(四国総合研究所)

携帯型鉄筋腐食診断器 CM-V(四国総合研究所)
携帯型鉄筋腐食診断器 CM-V(四国総合研究所)
重要度をお選びください     レンタルする機材の数量をお選びください  台
レンタル開始時期をお選びください 西暦  年   月   日から レンタル期間をお選びください  日間
1ヶ月以上のレンタルをご希望される場合は、日割り料金を下記割引率にてお値引きいたします。
  • 1ヶ月(30日)〜 : 10%OFF
  • 3ヶ月(90日)~ : 15%OFF
  • 1年(365日)~ : 25%OFF
お問い合わせはこちらTEL0120-5677-93
お問い合わせフォーム

商品コード:WR008800

機器の特徴

新技術情報提供システム「NETIS」に登録(NO.SK-090004-A)

「鉄筋の腐食」は目に見えない時から始まっています!鉄筋構造物の内部鋼材の腐食(発錆度合)を物質の電気的な性質である電位や電気抵抗値を計測し比較することで、内部鉄筋の腐食速度を推定します。腐食速度の診断が可能です。
携帯型鉄筋腐食診断器 CM-Vは2重対極方式により、分極抵抗(腐食速度)を測定し、より精度の高い測定が可能です。

高精度

2重対極方式により、分極抵抗(腐食速度)を測定し、より精度の高い測定ができます。

簡単操作

簡単操作液晶画面上に表示されるメニューの選択により測定条件などを指定できます。
初めて使われる方でも簡単に取り扱うことができます。

安全作業

安全作業測定場所が高所などの離れている場合、付属のセンサー支持脚を使用すれば、より安全確実に測定ができます。

小型軽量

重量はわずか2.5kg(バッテリーを含む)。測定現場への持ち運びも便利です。また、バッテリー内臓のため、フィールドでの測定に威力を発揮します。

データ解説が容易

データ解説が容易測定されたデータは、一旦記憶収録され、USBインターフェースを通じてパソコンに転送されます(Windows版専用ソフト付属)。また、Excelなどの表計算ソフトを使えば、さまざまなデータ加工もできます。

鉄筋腐食診断の必要性

ビルや橋などのコンクリート構造物の価値を長期にわたって維持するためには、これをささえる鉄筋の腐食速度を正確に把握し、計画的な補修を行うことが必要です。
放置すれば腐食はどんどん深刻化、結果的に莫大な補修費が必要となります。そのため、国内においてさまざまな鉄筋の腐食診断装置が開発されていますが、腐食の程度および速度を正確に判断することはできず、また、装置が大きく重いため、高所や狭い場所での作業は非常に困難でしたが、これらの問題を一挙に解決し、鉄筋腐食診断をより高精度に、より簡単にしたのがCM-Vです。

鉄筋腐食診断の必要性

鉄筋腐食診断の必要性

CM-Vは、一カ所「はつり」出した鉄筋にリード線をつないで試料極(WE)とし、照合電極(RE)と2つの対極【センター対極(CCE)とガード対極(GCE)】を組み合わせた2重対極センサー※を、図りたい鉄筋のすぐ上のコンクリート表面に設置して使用します。
そして高低2周波の微弱な交流電流を流し、その時のインピーダンス値から腐食速度lorrと反比例の関係にある分極抵抗Rctを求め、コンクリート構造物の鉄筋の腐食範囲や腐食速度を評価します。(特許取得)

※新日本製鐵株式会社の特許許諾を得ています。

鉄筋腐食の測定

鉄筋腐食の測定

鉄筋腐食の測定

機能

コンクリート中の鉄筋の腐食範囲ならべに腐食速度の評価(簡易法測定)

代表的な高低2周波数の交流インピーダンス値から分極抵抗を求めてコンクリート中の鉄筋の腐食速度を評価します。
また、コンクリート抵抗やASTMに規定された自然電位も同時に測定することが可能です。
この場合、転送されたデータは、周波数の交流インピーダンス値(絶対値、位相、実数部、虚数部)と、それに基づいた見かけの分極抵抗Rct'(Ω)、真の分極抵抗Rct(Ωcm2)、腐食速度lcorr(μA/cm2またはmm/y)、見かけのコンクリート抵抗Rs'(Ω)、自然電位Ecorr(mV)の整理された数値リストとして印刷できます。

インピーダンス特性の把握(精密測定)

10Hzから0.1mHzまでの周波数域における交流インピーダンス測定を自動的に行うことができます。
この場合、パソコンに転送されたデータは、周波数、インピーダンス(絶対値)、位相、実数部、虚数部の整理された数値リストとして印刷できます。また、コール・コールプロットの自動作図を行うことができます。

診断器による鉄筋腐食判定基準

自然電位による鉄筋腐食性能評価(ASTM-C846による)

自然電位(E)(mV vs C.S.E.※1 鉄筋腐食の可能性 自然電位(E)(mV vs Ag/AgCl※2
-200<E 90%以上の確立で腐食なし -80<E
-350<E≦-200 不確定 -230<E<≦-80
E≦-350 90%以上の確立で腐食あり E≦-230

※1 C.S.E.:飽和銅硫酸銅照合電極
※2 Ag/AgCl:飽和銀演歌照合電極

腐食速度の判定基準(案)

分極抵抗測定値
Rct(KΩcm2
腐食速度推定値 腐食速度の判定※
腐食電流密度※
lcorr(μA/cm2
侵食度PDY
(mm/年)
130より大 0.2未満 0.0023未満 不動状態(腐食なし)または極めて遅い腐食速度
52以上130以下 0.2以上0.5以下 0.0023以上0.058以下 低~中程度の腐食速度
26以上52以下 0.5以上1以下 0.0058以上0.0116以下 中~高程度の腐食速度
26未満 1より大 0.0116より大 激しい、高い腐食速度

※ CEB(ヨーロッパコンクリート委員会)から提案されている判定基準

仕様

簡易測定法(高低2周波のインピーダンス測定による腐食速度の評価)
測定方式 1対極方式、2重対極方式
収録データ数 200件
自然電位Ecorr(V) -1.5~+1.5
分極抵抗Rct'(KΩ) 0.1~
コンクリート抵抗Rs(KΩ) 0.05~100
分極抵抗(Ωcm2 Rct=Rct'×A(A:鉄筋の被測定面積)
腐食速度lcorr(μA/cm2 lcorr=K×(1÷Rct)(K=0.026V)
腐食速度lcorr(mm/年) 1μA/cm2=11.6×10-3mm/年
   
精密法測定(高~低周波域でのインピーダンスの連続自動測定)
測定方式 1対極方式、2重対極方式
収録データ数 200件
自然電位Ecorr -1.5V~+1.5V
周波数範囲 10Hz~0.1mHzまで(最大49周波数)
印加電圧 1mV~5.5V(0-Peak)の正弦波
応答電流 -1.200mA~+1.200mA
検出分解能:0.01μA~0.05μA
位相差(角度) +55°~-55°
検出分解能:0.1°
   
電源 2電源方式(AC100V、リチウムイオン電池)
電池寿命 3~5時間
電源入り後安定時間 5分間
使用温度範囲 0~50℃
使用湿度範囲 80%以下(結露しないこと)
インターフェース USB(データ処理用ソフト付属)
寸法 120(H)×234(W)×184(D)mm

構成品

標準構成品 本体、2重対極センサー、2重対極センサー用ケース、鉄筋接続用ケーブル(試料極接続用)、センサー支持脚(3分割)、バッテリー(リチウム)、充電器セット、ACアダプター(100V電源用)、予備保護膜、腐食診断データ処理ソフト(CD-R)、USBケーブル、取扱説明書(本体・センサー・メンテナンスマニュアル)、収納ケース(小・大)

オススメのコンクリート構造物診断機レンタル商品

ストラクチャスキャンSIR - 3000

ストラクチャスキャンSIR - 3000

構造物内の鉄筋の評価、道路下の埋設管や空洞探査などの地中探査に最適

超音波測定器エルソニックESI / P-10

超音波測定器エルソニックESI / P-10

コンクリートの強度測定、ひび割れ深さ測定、厚さ測定、内部欠陥の検出が可能

シュミットテストハンマー NR 形

シュミットテストハンマー NR 形

コンクリートを破壊することなくコンクリートの経年変化を調査可能

ハンディサーチNJJ - 200

ハンディサーチNJJ - 200

世界初スマートフォンをディスプレイとして採用したRCレーダ